便利な空港の駐車場

成田空港で屋内(屋根付き)の駐車場に停めたい

成田空港で屋内(屋根付き)の駐車場に停めたい 成田空港を使用する際に使用する駐車場で、 屋内、または屋根付きの駐車場に停めたいというとき、 インターネットで駐車場の検索をするのがオススメです。
「成田空港」、「屋根付き(または屋内)駐車場」で検索すると、 結構な数が出てきます。
出てきたサイトを見てみると、 「空港まで1分!」、「完全個室」、「鍵付き」、「空港までの送迎あり」等、 様々な特徴を持ったところが出てきますので、 ご利用の条件や価格が合うところを、 比較して決めましょう。
一日当たり1000円~4000円と 価格帯にばらつきはありますが、 長く停めると安くなるというシステムや、 スタッフ常駐なのか等もしっかりと記載されており、 長期間使用する場合の価格比較のサイトもあるので、 そのサイトを利用して比較検討し、問い合わせを行うのもありです。
なかなか現地で見つけるとなると、 満車になっていたり、やっと見つけたと思っても、屋根付きのほうは あいていなかったりということがあるので、 ネットで確認して予約してしまうのが安心でしょう。
中には、サイトを見たというと割引や特別価格にて対応してくれるところも ありますので、条件に合う場合は、そういうところを使用するのも便利です。

成田空港の駐車場で起こるトラブルとクレームの対策

成田空港の駐車場で起こるトラブルとクレームの対策 成田空港の敷地内の第1、第2ターミナルの駐車場は、ハイシーズンの時はなかなか予約が取れないほど混雑しているうえに料金も5日間で1万円を超える金額となってしまうため、料金の安い成田空港敷地近くの民間パーキングを利用する人が多いのですが、トラブルが多いのが現状です。
トラブルの原因は民間パーキングの多くが、引き渡した場所に駐車するのではなく、スタッフがもっと遠くの広い敷地の場所に持っていくことで、より多くの車を詰め込むように入れるため、車同士がぶつかって傷ができる、バンパーが割れるなどのトラブルが多く発生してしまいます。
この場合、民間パーキング会社にクレームをつけても、補償してくれるところは少なく契約時の免責事項を盾に補償を拒むことが多く、多くの場合は泣き寝入りするしかありません。
こういったトラブルを防ぐための対策としては、出発の時の入庫から帰国するまでの出庫までの間、利用者自らが停めた駐車場の駐車場所に車が固定された状態の「完全固定駐車方式」を採っている民間パーキングを選ぶことです。
また、民間パーキングの中にはガレージ付きやシャッター、鍵付きの個室タイプのパーキングもありますから、愛車に傷をつけたくない方はこういった駐車場を選ぶことをお勧めします。